キッチンをリフォームするなら設備にこだわろう

>

ガスコンロと連動して動くレンジフード

どうして連動できるの?

コンロとレンジフードが連動する仕組みについてご説明します。
連動タイプはコンロに発信部分、レンジに受信部分が設置されていて、赤外線で操作されるように設計されています。
そのため、コンロとレンジフードをセットでリフォームする必要があります。
また「コンロとレンジフードはそれぞれ違うメーカーの物が欲しいんだけど」という場合もありますよね。
ですが、その点は心配ご無用です。
各社が互換性のある赤外線信号を使っているため、別々のメーカーでも問題はありません。
ただ、同じメーカーの方がデザインに統一感が生まれやすく、セット購入することで割引をしてもらえる場合もあります。
「どうしても違うメーカーにしたい」というこだわりのある方以外は、同じメーカーで選ばれるほうが無難です。
また、熱源はガスにもIHにも対応しています。

お手入れ簡単で使いやすい三口コンロ

レンジフード同様、コンロも油がつきやすく、お手入れが大変ですね。
使用後にいつも拭き掃除をしているつもりでも、コンロの五徳や受け皿の部分は汚れがたまりがちです。
新しいコンロは、お手入れがしやすいのも特徴です。
例えばガスコンロもトップがガラスの物を選べば汚れもさっとふき取るだけなのでとても簡単です。
さらに、これまではコンロが三口でも一つしか強い火力のコンロがついていない場合がほとんどでしたが、現在は二つが強火力の物が発売されています。
このタイプならば、強い火力を必要とする炒め物を2つ同時に調理できそうですね。
食べ盛りのお子さんがいるご家庭で特に活躍しそうです。
また、三つのコンロが横一列に並んだタイプもあります。
こちらのタイプならば、わざわざ奥のコンロにかけたケトルを取るのに腕を伸ばす必要がないため、お料理がよりスピーディーに進みそうです。


この記事をシェアする